Moonshine+

個人的に好きな曲たちについて書いています。

キーボードソロ

キーボードソロがある曲(その14):Camel 「Cloak and Dagger Man」

Camel のメンバーのキーボード奏者といえば、デビュー以来Peter Bardensが担当していましたが、1978年のアルバム Echoes を最後に脱退し、その後は固定メンバーとしてのキーボード奏者はいなくなってしまいます。この曲が収録された1984年のアルバム Station…

キーボードソロがある曲(その13):PSY・S 「Friends or Lovers」

1991年のPSY・Sのシングル曲「Friends or Lovers」。ドラマとのタイアップがあったこともあって、PSY・Sのシングルの中では一番売れた曲のようです。個人的には売れる売れないは関係なして彼らの作品をフォローしてたので、セールスに関しては全然気にしてま…

キーボードソロがある曲(その12):Official髭男dism 「Pretender」

今回は超有名曲です。2019年のヒット曲、Official髭男dismの「Pretender」。 Official髭男dism / Pretender (Single) YouTubeにこの曲の「制作ドキュメント」という動画がアップされていて、この中で曲中のシンセソロを藤原聡さんが演奏しているシーンがあり…

キーボードソロがある曲(その11):Emerson Lake & Palmer 「Farewell to Arms」

Emerson Lake & Palmer(ELP)が1992年に再結成して発表したアルバム Black Moon に収録の曲。Keith Emersonのキーボード演奏にはもっと有名なものもありますが、個人的にリアルタイムで初めて聴いたELPの作品ということで(1986年にEmerson Lake & Powell …

キーボードソロがある曲(その10):Genesis 「Follow You Follow Me」

1978年のGenesisのアルバム ... And Then There Were Three ... からシングルヒットにもなった曲です。 www.youtube.com 前作 Wind & Wuthering を最後にギタリストのSteve Hackettが抜け、Tony Banks、Phil Collins、Mike Rutherfordの3人体制となったGenes…

キーボードソロがある曲(その9):寺尾紗穂「魔法みたいに」

ピアノ弾き語りの間奏というのは、キーボードソロと呼んでいいのかな?と思いながら聴いていました。 寺尾紗穂さんの「魔法みたいに」。2007年のシングル「さよならの歌」のC/W曲ですが、現在、NHKのドキュメンタリー番組「Dear にっぽん」のテーマソングと…

キーボードソロがある曲(その8):Renaissance 「Ocean Gypsy」

Renaissanceの作品の中では、名作として呼び声が高い1975年のアルバム Scheherazade and Other Stories 収録の曲「Ocesn Gypsy」。個人的にも好きな曲です。 Renaissance / Scheherazade and Other Stories このアルバムをリリースした時期がRenaissanceの全…

キーボードソロがある曲(その7):Godiego 「銀河鉄道999」

Godiego(ゴダイゴ)は1980年前後の時期に日本で大人気でした。「ガンダーラ」でブレイクしてしばらくはTVの歌番組の常連だったと記憶しています。バンドのキーボード担当はリーダーのミッキー吉野さん。ゴダイゴの曲の編曲のほとんどを手掛けています。 こ…

キーボードソロがある曲(その6):Don Henry 「Sunset Grill」

いかにも1980年代といったシンセサイザーの洪水のような曲。この曲「Sunset Grill」が収録されたアルバム Building The Perfect Beast がリリースされた1984年ごろと言えば、ヤマハのデジタルシンセDX7が発売されたころで、まだ主力のシンセはアナログだった…

キーボードソロがある曲(その5):Marillion 「Incommunicado」

「Incommunicado」は、Marillionとしては珍しいアップテンポのキャッチ―な曲。1987年のアルバム Clutching At Straws に収録されていてシングルとしてもリリースされました。 Marillion / Clutching At Straws Marillionのキーボード奏者はMark Kellyで、バ…

キーボードソロがある曲(その4):Steve Winwood 「Valerie」

Steve Winwoodは1960年代からバンドミュージシャンとして活動してきましたが、1970代後半からソロアーティストとして活動を始め、3作のアルバムを発表します。これらはWinwood一人の多重録音による作品でした。そして1980年のアルバム Arc of A Diver からは…

キーボードソロがある曲(その3):Bruce Hornsby & The Range 「The Way It Is」

Bruce Hornsby & The Rangeの1986年のデビューアルバム The Way It Is からのタイトル曲。シングルヒットもしました。Bruce Hornsbyが弾くピアノが素敵な曲です。 Bruce Hornsby & The Range / The Way It Is MVでもBruce Hornsbyのピアノソロの演奏シーンを…

キーボードソロがある曲(その2):ASIA 「The Heat Goes On」

イギリスのロックバンドASIAのアルバムは、1980年代前半に発表された ASIA、ALPHA、ASTRA の3作が有名ですが、今日紹介するのは1983年発表の2ndアルバム ALPHA に収録された曲「The Heat Goes On」です。 ASIA / ALPHA ASIAのキーボード担当は、元Bugglesで…

キーボードソロがある曲(その1):Toto 「99」

曲の間奏でギターソロが入る曲は多いと思いますが、キーボードソロが入るのは少ないんじゃないかな?と思って、個人的に印象に残るキーボードソロの曲を(小出しで)ご紹介。今回は、Totoの1979年(古い・・・)リリースの Hydra 収録の「99」。 Toto / Hydr…