Kate Walsh 「Talk of the Town」

以前、イギリスのシンガーソングライターKate Walshの作品についてこんな記事を書きました。

moonshineplus.hatenablog.com

Kate Walshの2ndアルバム Tim's House は、2007年にUKのiTunes Storeのチャートでトップとなったことが話題となった彼女の作品の中では最も有名なアルバムです。

Kate Walsh / Tim’s House

このアルバムに収録された「Your Song」がヒットしたことで、一躍脚光を浴びたKateさんですが、私も同様にこの曲でこのアーティストを知りました。でもアルバムを聴いて一番気に入ったのは、この「Talk of the Town」です。

www.youtube.com

メランコリックな歌詞に、ゆったりとした抜群に美しい3拍子のメロディと、Kateさんの甘いヴォーカルが心に残る曲です。伴奏はアコースティックギターとドラムとベースによるシンプルな構成でヴォーカルをサポートしています。

"talk of the town"とは「町のうわさ」という意味らしく、イギリスの小さな町での出来事、ちょうどアルバムジャケット写真にあるようなレンガ造りの家が並ぶ町を想像したりします。

ところで、レコーディングはイングランド南海岸に位置する街Brightonにある、プロデューサーのTim Bidwellのホームスタジオで行われたとクレジットされていて、アルバムタイトルの"Tim's House"もこれに由来しています。なのでアルバムのカバ―アートもBrightonで撮影されたのかなと勝手に思っているのですが、BrightonをGoogle Mapで調べたところ、観覧車もあるような観光地のようなので、ちょっとイメージが違っていました・・・。

ちなみに、Tim Bidwellのホームスタジオは現在「Clockwork Owl Studio」という名称になっているようです。

https://www.clockworkowlstudio.com/