Mike Oldfield アルバム紹介 その11:Islands

Mike Oldfield / Islands

1. Wind Chimes (Part One and Part Two)
2. Islands
3. Flyng Start
4. North Point
5. Magic Touch
6. The Time Has Come
7. When The Nights on Fire

 

1987年に発表された Mike Oldfield の3年振りのアルバムは、22分に及ぶ大作1曲と6曲(アナログ盤は5曲)のヴォーカル曲という、アルバム Crises などと同じ曲構成の作品集となりました。また、Virgin Records Americaの設立に合わせて、曲順を変更したUS盤もリリースされました。

まず、1曲目に収録された大作の「Wind Chimes」ですが、過去のOldfieldの作品とは少し印象が異なります。

曲中に、Oldfieldが休養期間中に訪れたバリ島の楽器やケチャ等のサンプリング音を多用しているという点もありますが、従来の作品と比較すると、よりクラシック音楽のシンフォニーを意識したようなサウンドになっているように思えます。当時のOldfieldのメインの作曲ツールであった Fairlight Series IIIのサンプリング音質向上によって、ストリングスなどのサウンドもリアルに再現できるようになったこともあり、シンフォニーを意識した作りにしたんじゃないかと推察しています。

ただ、それに伴ってOldfieldが演奏するエレクトリックギターの出番が少なくなっており、私のような過去のOldfieldのサウンドが好きな人にとってはちょっと違和感がある感じでしたが、言い換えるとより大衆に受け入れやすいサウンドに変化したとも言え、是非はつけがたいですが、Oldfieldとしては新たなチャレンジであったと思います。

この曲は、前作 Discovery から引き続きSimon Phillipsとの共同プロデュースとなっていて、Phillipsのタイトなドラミングはこの曲でも聴くことができます。

 

ところでこのアルバムですが、YouTubeMike Oldfieldのチャンネルには、なぜかこのアルバムだけ音源が無く、サブスク(Apple Music)にもカタログが無い状況になっています。理由は分かりませんが、仕方が無いのでアルバム音源を丸ごとアップしている動画を参考に貼っておきます。

www.youtube.com

 

後半6曲は、様々なヴォーカリスト、プロデューサーとの共同作業によるポップソング集になっています。

「Islands」
 Vocal:Bonnie Tyler
 Produce:Mike Oldfield, Tom Newman and Alan Shacklock

タイトルトラックとなる曲でヨーロッパでシングルカットされました。イントロのオーボエはAndy Mackay、後半のサックスは Raf Ravenscroftによる演奏です。

www.youtube.com

「Flying Start」
 Vocal:Kevin Ayers
 Produce:Mike Oldfield

Oldfieldがソロデビュー前にメンバーとして参加していたバンド The Whole World のリーダー Kevin Ayersがヴォーカルを務めるのんびりとした雰囲気の曲。歌詞にも"the whole world"という言葉が出てきます。

「North Point」
 Vocal:Anita Hegerland
 Produce:Mike Oldfield

Anita Hegerlandは1985年のOldfieldのシングル「Pictures in the Dark」でヴォーカルとして参加して、引き続きOldfieldの作品に参加することになりました。この頃はOldfieldのガールフレンドだったようで、幻想的なサウンドでバックアップしています。

「Magic Touch」
 Vocal:Jim Price (US盤はMax Bacon)
 Produce:Mike Oldfield and Geoffrey Downes

Max BaconはSteve HoweとSteve Hackettが結成したバンドGTRのヴォーカリストとしても知られていて、1986年のGTRのアルバムに参加しています。1987年の Islands のリリース時点では、BaconはまだGTRが契約していたアメリカのArista Recordsとの契約が残っていたため、ヨーロッパ盤では代役としてイギリスのミュージシャン Jim Priceがヴォーカルとして起用されています。この曲は、GTRにもプロデューサーとして参加していたAsiaのキーボーディスト Geoffrey Downesとの共同プロデュースということで、本来はMax Baconのバージョンがメインだったのだろうと想像します。US盤のアルバム(1988年リリース)ではBaconがヴォーカルを取っていて、MVもBaconバージョンです。シングルはアメリカでもリリースされました。

www.youtube.com

「The Time Has Come」
 Vocal:Anita Hegerland
 Produce:Mike Oldfield and Michael Cretu

この曲は、後にユニットEnigmaを結成して人気を得ることとなる、ドイツのミュージシャンMichael Cretuとの共同プロデュース。この時点ではCretuのほうがOldfieldのスタジオワークを勉強する立場だったようです。

Oldfieldのギター以外はほぼ打ち込み?のようなサウンド。この曲はヨーロッパでシングルとしてリリースされています。

「When The Night's On Fire」
 Vocal:Anita Hegerland
 Produce:Mike Oldfield

この曲は、アナログ盤とUS盤には収録されていないのですが、個人的にはこの曲がこのアルバムのベストトラックです。タイトルトラックである「Islands」の変奏になっていて、メロディや歌詞の一部が「Islands」と同じものが使用されています。聴きどころは3分ごろから始まるOldfieldのギターソロ。ギターソロがあまりフィーチャーされないこのアルバムにおいて最も印象的なパートだと思います。

www.youtube.com